古~いウクレレ

  
目安時間 2分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
ナルダンウクレレ
1945年~1960年頃まで作られていた?そうです


セロトニン調律師ゆうこです(^^)/

 

 

古~いウクレレ届きましたほっほっほー

 

このウクレレで3本目!ウクレレはグレムリンのように増えるのです!(わかる人にはわかる)

 

さっそく守谷イオンの楽器屋でウクレレ弦を買って古い弦と交換!

 

交換!の前に、ウクレレ全体をアルコールタオルでふきふき♪サウンドホールの中のほこりを取ったら、ヤスリで手に引っ掛かる出っ張りを削り、弦をはめ込む部分を少し深く削り・・・弦を張り替えて・・・・・ポロン♪

 

 

何て良い音色なんだーーー!!!

 

 

ウクレレの裏側がバイオリンのように膨らんでいるから音の響きがふくよかで熟成した深良い音色が部屋中に鳴り出してアッというまに昭和の懐かしい気分に浸れる!

 

う~~ん最高☆

 

明日もがんばっちゃう私♪

 

 

 

では、また(*・ω・)ノ

 

この記事が良かったら下の画像をクリックしてください♪

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ゆうこ

ゆうこ

茨城県守谷市ひろカイロ整体院でセロトニン調律師として勤めている。 開発者滝本裕之、セロトニン活性療法・経絡指針整体を施術の軸としてさまざまな不定愁訴のある患者様と向き合う日々。 そして自身の「群発頭痛」とセロトニンの関係を研究中♪セロトニン活性療法を世界に広めたい。

ページの先頭へ