患者さんが主役

  
目安時間 5分  

セロトニン活性療法への大事な想いを書きます。 自我なんてどうでもいいんだよ。   自分なんてとっとと捨てて、目の前の患者に全て捧げる、そんな気持ちで私はいつもベッドの前に立っている。   でも実はセロトニン調律師になった初めの頃はこの気持ちは1ミリも無かった。私はあくまでもセロトニン調律師を「やらねば」という想いだった。   ところが次々に患者が突きつけてくる課題、患者本人の様子や性格、放つ言葉の…

続きを読む

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
アーカイブ

ゆうこ

ゆうこ

茨城県守谷市ひろカイロ整体院でセロトニン調律師として勤めている。 開発者滝本裕之、セロトニン活性療法・経絡指針整体を施術の軸としてさまざまな不定愁訴のある患者様と向き合う日々。 そして自身の「群発頭痛」とセロトニンの関係を研究中♪セロトニン活性療法を世界に広めたい。

ページの先頭へ